心理カウンセラー 資格取得

心理カウンセラーに興味を持ち、資格取得を目指して

ケア資格ナビ 心理カウンセラー

 

私自身の過去の経験から心理カウンセラーに興味を持ち、資格取得を目指して猛勉強の最中です。

 

 

この心理カウンセラーは名前からして分かるとおり相談者の方の悩みを聞いてサポートをするための仕事で、病院で精神科のお医者さんに相談するよりもずっと気楽に悩みを打ち明けることができる存在として人気を集めています。

 

 

よく日本はストレス社会といわれていて、年間の自殺者の数については3万人に近いという非常に高い水準にあるのですが、自殺という極端な結論に向かうのは一例に過ぎないといえます。

 

そうした所とは別に私たちのほとんどは日頃の生活で悩みを抱えていたり仕事で過大なストレスを抱えているということもありますので、誰かに相談したいカウンセリングを受けたいというのは誰にでもあることなのです。

 

この資格はまさにそうした相談をじっくりと聞いて、それぞれの方にあった解決に導くための手助けを行うことになります。

 

精神科医との違いについては医師ではありませんので医療行為を行うことはできず、相談者の方から希望があってもうつなどの薬を処方するということはできません

 

もっぱら相談者とのコミュニケーションをとる中で解決を図るということになりますので、知識や技術を身につけるのはもちろんのこと、自分自身が落ち着きがあり思慮深くなければ務まらない仕事であるといえます。

 

仕事先としては産業カウンセラー、スクールカウンセラー、心理相談員などと様々ありますので、一般企業から学校などいずれにおいてもニーズは非常に高いといえます。

 

 

資格は国家資格ではなく民間資格となり、有名なところではカウンセリング実技認定、メンタルケア心理士、メンタルケアカウンセラー、心理カウンセラー、NPLプラクティショナー、メンタル心理カウンセラーなどとありますので、いずれか取得するためにはそれぞれの学習内容に合わせた講義を行う資格スクールに通い、所定の講義をしっかり受けることになります。